ホーム画面の説明と基本操作

iPhoneを使いこなすうえで、最も重要なのがホーム画面です。ホーム画面の仕組みを知らずして、快適なiPhoneライフを送ることは不可能です。

ここでは、ホーム画面の基本的な仕組みと操作方法をご紹介します。

1画面に最大28個のアイコンが並ぶ

iPhone 6からは2種類から選択

ホーム画面には、デバイスにインストールされているすべてのアプリが並びます。各アプリにアクセスしたいときは、基本的にホーム画面から当該アプリのアイコンをタップして起動させます。

iPhone 7のホーム画面は、拡大表示の設定により、1画面に並ぶアプリのアイコンの数が異なります。「標準」ではiPhone 7の画面の大きさをフル活用し、最大28個(4×7)のアイコンをホーム画面に並べることができます。「拡大」だとiPhone SEや5sなどの4インチiPhoneと同様、最大24個(6×6)の表示になります。iPhone 7 Plusの場合は、「標準」「拡大」ともに最大28個(4×7)です。

ウェブサイトのショートカットアイコン

ショートカットホーム画面にはアプリ以外にも、ウェブサイトのショートカットを追加することもできます。

左右にスワイプで画面移動

iPhone 6からは2種類から選択

ホーム画面の下段に並ぶ4つのアイコンの上にある【・・・】は画面の数を表しています。白くなっているのが現在表示している画面の位置です。上図では、3画面ある中の真ん中の画面を表示していることを表します。画面を左右にスワイプ(ドラッグ)することで画面間の移動が可能です。

Dock部分は固定されている

Dockホーム画面の下段4つのアイコン部分は「Dock」と呼ばれ、固定されています。初期設定では、「電話」「Safari」「メッセージ」「ミュージック」が並んでいますが、これらは別のアプリやショートカットに変更することができます。

使用頻度の高いものをDockに置いておくと便利です。

タップでもホーム画面の切り替えは可能

ホーム画面のページの切り替えは、一般的にはスワイプで行いますが、それ以外にもタップで切り替えていくことも可能です。くわしくは、ホーム画面をスワイプではなく、タップで移動する方法のページを参考にしてください。

「今日」を表示する

今日ホーム画面を右へ右へとスワイプしていくと、最終的にウィジェットが並ぶ「今日」の画面に行きつきます。

この画面は初期設定では、カレンダー、よく使うアプリ、NEWS、天気などのウィジェット(アプリ)が並んでおり、今日1日の情報をまとめて表示する役割を担う画面になっています。

なお、「今日」に表示するウィジェットは編集可能です。

ホーム画面は最大15ページ

Spotlight検索初期設定ではホーム画面は2つしかありませんが、最大15画面まで増やすことができます。ホーム画面が増えるたびに、【・・・】も増えていきます。

ホームボタン

ホームボタンiPhoneが起動中にホームボタンを押せば、いつでもホーム画面に戻ることができます。ホーム画面を表示中にホームボタンを押すと、ホーム画面の最初のページに移動します。

Spotlight検索

ホーム画面を下にスワイプすると、iPhone内のデータやiPhone外の情報を同時に検索できる「Spotlight検索」が起動します。詳しくは、Spotlight検索の使い方・設定方法の記事を参考にしてください。

Spotlight
参考(DateSource):https://www.teach-me.biz

Call Now