iPhone XRの純正クリアケースは買う価値がある?

先日販売開始となったiPhone XR純正クリアケースはサードパーティ企業製のものと何が異なるのでしょうか?米メディア9to5Macがケースのレビューを行いました。

しっかりと保護してくれそうなハードケース

iPhone XRのApple製の純正クリアケースは、シンプルなパッケージにiPhone XRと、レインボーカラーの”Clear Case”が記されています。

iPhone XRのクリアケースは、ソフトケースではなく、強固なプロテクターのようなハードケースで、デバイスをはめ込むのは非常に簡単とのことです。

ケースをつけた状態では、iPhone XRの素のままで持っているよりもグリップ力が上がるといわれてますが、シリコンケースと比べると若干滑りやすいようです。

iPhone XRの純正ケースは、デバイスのディスプレイ側まで湾曲しており、テーブルの上にスクリーンを下にして置いたときでもデバイスを保護してくれます。

ケースには、フラッシュを含めるカメラ部分に穴が開けられています。ケースのみではカメラレンズは保護されませんが、カメラよりもケースのほうが突き出ているため、机に置いたときなどは守ってくれそうです。

ケースの下部にも広域にわたって穴が開けられていますが、これはジェスチャーコントロールを妨げないためとされています。

ケースのボタンが反応しにくい?

iPhone XRの純正ケースは、ボリュームボタンも保護する仕様となっているようですが、ボタンが効きにくくなるとの意見があります。ボタン自体は機能するとのことですが、ちゃんと押されたかどうかが心配になるとのことです。

Appleは、ケース越しでもボタンの反応を良くするための新技術の特許を申請しており、近いうちにこの問題は解決されるかもしれません。

レインボーカラー効果の犠牲に!?

iPhone XRの純正ケースは、一定の角度で光を当てたときにプラスチックに時々生じる虹色の反射が見えてしまうといわれています。

プラスチックは、経年により黄色っぽくなってしまうこともあるとされていますが、iPhone XRのケースのプラスチックに同様の症状が現れるかは今のところまだわかりません。

9to5Macの結論とは

サードパーティ企業のケースで、ケース越しでもボタンの反応がより良いとされる製品の存在が確認されているようですが、純正ケースにあるケース下部の切り込みが入っておらず、ジャスチャーコントロールが使用しにくくなるといわれています。

純正ケースの切り込み

Source:9to5Mac,iphonemania.jp

Call Now